詞曲:山下穗尊

降り積もる雪はこの手に舞い降り
隱したはずの心の穴に溶け出した
二人が見たのはいつの日の景色
見覺え在る色彩がどこか微睡んだ
遠く搖らめいた愛をその手に抱えていたの
本當はマボロシと知りながら
羨んだ戀の意味は儚さに消えてゆくと
ふいに氣付いた
ゆらゆら舞い散る粉雪たち
切なげに溶けて行く愛は何處へ…
さらさら重なる光と影
傷つきたくないなんて本當は…
噓なのにね
夢見た明日はもう二度と來ずに
永遠という無限の彼方に溶け迂んだ
切に愛し合う日々も「偽り」と呼ばれるなら
盲目の淚に泣き濡れりゃいい

齒癢くも愛しさ故 その身を焦がす想いを
そっと隱した
ひらひら瞬く淡き光
賴りなげに搖れては消えて何處へ…
はらはら導く先を照らし
意味有りげな光を宿し今宵は
誰の元へ…
悲しみの淚に染まる頃
あの人の面影(かげ)を搜すのでしょう
觸れ合う度に愛を感じた
溫もりにその身體を寄せた
傷つくくせに また爪を立てて
吐息が滲む

傷つきたくないなんて本當は

創作者介紹
創作者 exile922 的頭像
exile922

♬ ♪ ♩愛日樂 Love music of Japan♭ ♫ ∮

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()