詞曲:山下穗尊

震える唇と言葉にならぬいくつもの聲
頰を伝うは無數の雫
最後の言葉を口に出せずとまどうあなたに
あたしができることなどないの

心強くあると
信じたあたしの胸の中は壞されてしまい
いつも傍にあると
信じたあなたの心は今はここには無い
溜息混じりの雨があたしを叩く
扉の向こうはもう 一人の世界
肩を包む溫もりが傷を抉る
今宵の淚は全て雨に變わるわ

一度だけ くちづけて 一度だけ

握る手の平はいつもよりほんの少し冷たく
搔き亂された想いは熱く
冷靜な振りをするあたしをあなたは見透かす
その優しさも時には罪ね

「夢の中で逢える」
信じるあたしの思いは虛しさを誘うだけ
いつも愛してると
誓った あなたの言葉に曇りはなかった
あの日の記憶も消えてしまうでしょうか
傷のない戀などないのでしょうか
壞れた戀は偽物だったでしょうか
何よりそれも一つの愛なのでしょう

一度だけ くちづけて
最後まで くちづけて
いきものがかり-くちづけ

あたしはあなたの胸の中に小さく埋もり
絕えることない淚を知る
いきものがかり-くちづけ

創作者介紹
創作者 exile922 的頭像
exile922

♬ ♪ ♩愛日樂 Love music of Japan♭ ♫ ∮

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()