詞曲:山下穗尊

あのとき交わした 言葉は今どこか
遠い場所で誰かを待ってるのかな
想い描いた確かな未來圖は
いつの日から變わり始めてたんだろう
あの日何故か すれ違った心が運命をノックして
本當の愛をくれたの いつもいたその場所で
觸れたら消えそうなこの光にも
確かな愛の燈が燈るとして
生まれた一つの願いをあなたに
いつまでもどんなときも
變わらずにいつの日にも
二人で步いた 暮れなずむ季節の
掃り道が私たちを繫いだの
有り觸れた出逢いだって

偽らない愛を知れたよ
いつか見た夢のように
今にも壞れそうなその言葉にも
切なる愛の實が宿るとして
伝えたい一つの想いをあなたに
この先もどの未來も
果てのない日々を越えて
君からもらった「ありがとう」
いつの日も胸の中
色褪せたりしないよ
「必ず幸せになるから…」
約束した公園に吹き拔けた淡い風

巡りゆく季節の中

創作者介紹
創作者 exile922 的頭像
exile922

♬ ♪ ♩愛日樂 Love music of Japan♭ ♫ ∮

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()