光り輝いて凛とした木々たちが
身を隠すように色を消していく
希望へつながる 何もかも遠ざけて
温もりを怖がる私のように

あの人の笑顔がもう
眩しくて優しすぎて
弱さ慰せってしまいそうで
泣き出してしまいそうで

触れた指の先から
思いが溢れ出しそうに
なったあの瞬間から
この恋に気付きました

どうして人は心のままに従い
歩いていくのが難しいのだろう

本当はきっとずっと
分かってたはずなのにね
現実に目を澄んでいてた
真実を否定してた
見つめるその先には
愛しいあの人の姿
風が変わるころには
この思い伝えようか

触れた指の先から
思いが溢れ出しそうに
なったあの瞬間から
この恋に気付きました

見つめるその先には
愛しいあの人の姿
風が変わるころには
この思い伝えようか

再び芽吹いた木々たちが色付いたら
今より素直な笑顔見せたい

輝燦直挺的樹群
恍如隱身般褪去了色彩

一如遠離通往希望的一切
對溫暖感到畏懼的我一般

那人的笑容 太耀眼太溫柔
令我幾乎要表露出自己的脆弱
令我幾忽忍不住要哭泣

從相觸的指尖溢出滿滿的感情
那一刻起我知道了這就是愛情

為何要人們聽從自己內心的聲音而行
竟會是一件如此困難的事情

其實我應該 始終都明瞭
卻一直不願面對現實 去否定了真相

凝視者那人心愛的身影
當風改變方向時或許我也該告訴他這份心意

從相觸的指尖溢出滿滿的感情
那一刻起我知道了這就是愛情

凝視者那人心愛的身影
當風改變方向時或許我也該告訴他這份心意

當樹木們抽出新芽重新披上了色彩
我要讓他看見更坦率的笑容

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()