作詞︰水野良樹
作曲︰水野良樹

「ひょっとしたら皆ひとりぼっちで 
步いているんじゃないかな」
背負い迂んだ寂しさを 
打ち明けるわけも無く
またいくつもの背中が遠くなる
愛想笑いだけは上手くなってさ 
大人にはなれたけど
僕が描いてたのは 
そんなものじゃないんだよ
もっと強くて優しいはずの溫もり

誰かが差し伸べてくれてる 
その手を握る勇氣が僕にあるかな
ささいな何でも無い距離が 
ちっぽけなこの心をいつも試してる

淚のかずだけ 笑顏があるんだ 
そう わかってるはずなのに
君の前では なぜか強がるよ 
まだ素直にはなれなくて
悲しい出來事も 嬉しい出來事も 
そう つながれたらいいのに
そうやって 僕らは ひとつひとつね 
心を 拾っていくんだ

失敗も裡切りも嫌なニュ一スも 
ごちゃまぜに胸ふさいで

見えないふりしたってさ 
そりゃ生きていけるけど
でも僕はまだ逃げたくはないんだ

どしゃぶり 崩れていく雨が 
また誰かの聲をかき消していくよ
そこには困った顏をして 
僕と同じ寂しさを抱いた君がいる

正しい「答え」なんて わかるわけないけど 
そう あきらめたくはないんだ
だって君がいて だって僕がいて 
心は 求めているんだ

「わかりあうってことは ゆるしあうってこと」
「迷い」や「不安」でさえ僕らの「いちぶ」なんだよ
ひとつ ひとつの淚を ちゃんと覺えておこう
ほらまた君と 笑いあえたら

笑顏のかずだけ 淚があるんだ 
そう わかってはいるけど
からした聲で 何度も伝えるよ 
君だけには屆いてほしいから
泣いてくれるなら 笑ってくれるなら 
そう 強くなれる氣がするよ
そうやって 僕らは ひとつひとつね 
心を つないでいくんだ

創作者介紹
創作者 exile922 的頭像
exile922

♬ ♪ ♩愛日樂 Love music of Japan♭ ♫ ∮

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()