詞曲:水野良樹

滿天の夜空から
はぐれたホウキ星を
まるで僕らのようだと 
君は優しく微笑(わら)った
わずかな希望の全てを 
輝きに變えたくて
けなげなその光に 
僕らは夢を託した
ひとりじゃないと知って 
この手は強くなれた
今はもう聽こえないその聲に 
僕はまた うなずいて
悲しみの夜を越えて 
僕らは步き續ける
願いは 想いは 
果てしない宇宙(そら)を夢見てしまうから
たとえひとときだけでも 
きらめくことができたら
こころは ほら 今 
こぼれた光に 手を伸ばすよ

君がくれた手紙を 
まだ捨てられないまま
何度も讀んだ文字に 
「ありがとう」と書き足した
はるかな街のかなた 
君にも見えてるかな
「さよなら」優しいこの場所から 
僕もまた 旅立つよ
悲しみがいつかそこで 
僕らを引き止めようとも
うつくしい明日(みらい)を描いていくから
たとえまぼろしだとしても 
見つけることができたら
悲しみのその向こうで 
君とまた出會えるまで
搖るぎない閃光(ことば)を伝えていくから

僕らは信じ續ける
終わらない生命(せかい)を夢見てしまうから

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()