もうすぐ君の诞生日
あの顷は "一绪に过ごす"
それだけで幸せだった
君の特别をもらえた気がして

だけど今じゃ まるで自分の事みたく嬉しく思え
「おめでとう」じゃなくて「ありがとう」
そんな気持ちになれる

银の指轮には互いの矛盾を
许しあい泣いた そんな伤がある

君を责めたこと
言叶に泣いたこと
失望すらしたこと
その伤ひとつひとつを绊としてきた

あぁいつの日か
君の指に光る指轮が ボロボロになったとき
仆ら幸せに泣けただろう

どんな时も人の気持ちを
大切にしてきた君です
そんな君が仆のあげた指轮をなくしたと泣いた

银の指轮には互いの孤独を
持ち寄っては   爱に変える魔法がある

爱し合うときも
笑えないときも
届かないときも
君はいつも仆の生きる理由でした

あぁ泣きながら
なくなった指轮を 探してる君を
こぼれるぐらいの気持ちで爱しく思う


“19歳の指环”に宿る神话なんて   サヨナラしてもいい

昨日よりも深い爱で 今日の君を守るから
仆は君とこの爱に心から寄り添って

もう泣かないで
君の指に光る 指轮がなくなっても
それでいい 仆は幸せに泣けるだろう

あぁいつの日か
君が年をとって その手がシワくちゃになった时
仆は幸せに泣けるだろう

ほら 君の左手に
见えることのない
だから 消えることのない
指轮を描こう

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()