約束した時間は、みんなよりも早い朝
もうすぐベルが鳴る、私のためのリムジン
すぐ後ろの指定席で
手をまわしギュッとしがみついたら
世界が滑り始める

自轉車の背中、風のカプセルに
包み迂まれる感覺
バスを追い越して、橫道にそれる
ふたりの秘密のル一ト
ドキドキするのは下りの阪道、
ジェットコ一スタ一みたいに
加速する景色、まるで滑走路、
空へ羽ばたく氣がした

たとえどんな時でも、ぼくは君の側にいる
あの日の約束を、いまも憶えているかな?
大人に近づくその度、
それそれ道が見えてくるんだ
引き止められやしないよ

自轉車の背中、風のカプセルの
せつない戀の間隔
ただ好きなだけじゃ永遠はない、
とかならず知る時が來る
自轉車の背中、校舍の屋上、
フェンス越しのグラウンド、
すれ違う廊下、放課後の教室、
いつもそこにキミがいた

自轉車の背中、風のカプセルで
ふたり、ひとつになれたね
たとえ離れてもそれは變わらない、
これで終わりじゃないんだ
自轉車の背中、校舍の屋上、
フェンス越しのグラウンド、
すれ違う廊下、放課後の教室、
すべてが想い出になる

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()