作詞︰千紗 & Kenn Kato
作曲︰鈴木大輔

鮮やかなブル一を よぎる白い雲
肩越しに吹く風 こころを洗う
降り續いてたあの雨
まるで噓みたいね

どこまでも廣がるこの世界で、
いまこの瞬間を感じている
めぐりゆく季節の中、
陽射しが舞い戾るよ
失くした痛みで落ちた淚は、
いつしか時間の川を流れて、
想い出の海に注ぎ、
ヒカリ浴び、舞い上がる この空へと

何度つまずいても ひとは立ち上がり
また次の季節を 驅け拔けていく
たとえどんな悲しみも
それを止められない


どこまでも續いてゆく未來に
氣が遠くなるような日もあるけど、
水平線の彼方を 目指す翼のように、
その先で自分を待つなにかを
知りたがる思いが力になる
きっとそれがしあわせだと
信じるから、舞い上がる この空へと
思うよりもずっと、人は弱くないんだ
昨日がない限り、いまの自分はない

どこまでも續いてゆく未來に
氣が遠くなるような日もあるけど、
水平線の彼方を 目指す翼のように、
その先で自分を待つなにかを
知りたがる思いが力になる
きっとそれがしあわせだと
信じるから、舞い上がる この空へと

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()