作詞︰山下穗尊
作曲︰山下穗尊

遠くに見えた街並み 
いつの日にか誓った景色と同じ
怯えて立てなくなっても 
淚に滲む明日を教えてくれる

君からもらった言葉 
僕の生きる意味を照らしてくれた
「もう少し強くなれたら…」
なんて思ってみても仕方ないよ

「夢の途中」そう氣付いたら 
なんだかちょっと樂になって
答えなど無くていいんだよ 
僕の頰は少し朱に染まる

遠く見えた空は澄んでいて 
泡沫の日々に迷わんとした
搖るぎないこの胸の真ん中の
想いを託して 想いを信じて
僕はただ明日を見て步こう 
たとえそこに願い屆かずとも
變わらないあの日の言葉だけを 
この手に抱えて この手に抱えて

君とね 出逢ったことが
見えなくなった場所を示してくれた
そうして解り合えたよ 
僕も君も同じ弱さを持ってる

どうしてなんだ?みんな抱えてる
怖さや不安を隱したりして
「強くない」ってそう言い切ったら 
暗く濁った闇に燈り燈る

伝えたいことが溢れてきて 
あの空の向こうへ流れてゆく
ぎこちない言葉でしかないけど 
今伝えたくて 今屆けたくて
連綿とゆく時間の中で 
僕は確かにここで呼吸(いき)をする
柔らかい陽の光を浴びれば 
また目を覺まして また步き出せる

僕が生きた「証」を殘そう 
それをいつの日か「夢」と名付けよう
つつましくも意味の在る「証」を 
意味在る「夢」だと 確かな「夢」だと
僕は「今」を信じて步こう 
たとえそこに祈り葉わずとも
生まれゆく全ての言葉たちを 
この手に抱えて この手に抱えて

    全站熱搜

    exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()