涙のリグレット 笑顔からこぼれた
夏色の町輝くから サヨナラの代わりに
小さくうなずいて 僕たちは歩き始める

バスを待つ隣で 夕暮れそっと並んでみた
悪くないね 恋人に見えるかな
窓ガラスに写った 二つの影
ちぎれるように 僕たちは大人になってゆく

あきらめの悪い少年だって いたずらに話す
横顔に目を閉じたけど わかってるつもり

涙は悲しみの そばにあるだけじゃない
今こんなにも愛しくなる

始まりのサヨナラ いえなかった約束
僕たちは歩き始める

電話するって 言ってた嘘つきが
手を振っている 幼なじみみたいなものだろうって
そんなに鈍いままで どこか居なくなっていけるの
こらえてるはずなのに

涙のリグレット 笑顔からこぼれた
夏色の町輝くから サヨナラの代わりに
小さくうなずいて 僕たちは歩き始める

本当は強がりの自分が 嫌いになりそうな日々を
ゆっくりと振り返る 君の声が聞こえた

叶うかわからない でも行くしかないだろう
そんなこと知っているから

涙に隠れてる言葉たちが聞こえる
いつか必ず苦しくなる 本当にサヨナラ
戻れない約束を
僕たちは抱えてゆくのに
la la la・・・

夏色のまま消えた

全站熱搜

exile922 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()